オリジナルでもあり模倣でもある今の作品

Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip

様々な問題が生じている

ただ、オリジナルとして制作した作品が、実際はとある作品と似ている部分が多い、かなりの部分で模倣されているなどの理由で、よく問題が生じることも多いのです。
それによって、原作者と制作者との間で訴訟問題にまで発展するケースもあり、それが大きな波紋を呼ぶこともあるのです。

何かしら模倣している部分はある

ただ、すでに世の中において、オリジナルは出尽くしたとも言われています。
したがって、たとえ完全オリジナルで作ったと思っている作品でも、どこかしら別の作品を模倣している部分はあったりするのです。

完全に著作権を保護することは難しい

もしも、ごく一部だけでも似ていれば、著作権違反によって作品を公開できないとなれば、恐らく今存在する作品は、全て公開できないことになってしまうと思います。
それを考えれば、完全に著作権を保護することは難しいでしょうし、どこかで線引きをする必要はあるわけです。
全てを保護しようと思えば、それこそ文化が廃れてしまうことになりかねないのです。

Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip