パロディは著作権に違反をするのか

Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip

日本において、パロディが著作権に違反するかどうか、実は明確に定められていないのが現状なのです。
海外では、ハッキリと規定として認められていたり、あるいは法律で明確に禁止していたりするのですが、日本の場合はその境界線が曖昧なのです。
したがって、著作権違反と言われても間違いではありませんし、許可なしでは制作できないと言うわけでもないのです。

許可を得ることは難しい

ただ、パロディにおいて著作権者の許可をもらうことは、かなり難しいと言えるのです。
複数のパロディを参考にする場合は、それぞれの作者からの許可を取ることになるわけですから、相当な時間と手間がかかってしまいます。
それ以前に、すでに作者が生存していないケースもあるわけですから、そうなればさらに困難を極めるのです。

現状の日本はやや否定傾向

現状の日本においては、パロディに関してはやや否定傾向にあると言えます。
現に、訴訟問題も多数生じてしますし、そもそも明確な規定がない時点で、著作権の保護に重点を置く傾向にあるわけです。

Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip