代表的な教育での著作権

Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip

著作権の許可なく使用できる代表例として、教育による使用が挙げられます。
教育が目的であれば原則許可を得ることなく、書籍の複製や問題としての使用、授業の一環としてのコピーをすることが認められているのです。

私的使用での複製についての議論

一方で、大きな議論を読んでいるのが、私的使用での複製についてです。
例えば、番組をDVDソフトに録画したりするのが、その代表とも言えるでしょう。
もちろん、それだけなら何の問題もないのですが、例えば録画したソフトを販売したり、あるいはネット上にアップロードしたりするのは、私的ではなく商業目的になるわけですから、著作権に違反することになるわけです。
ただ、どこまでが私的使用になるのか、明確な線引きがあるわけでもないので、そこが議論の対象になっているのです。

Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip