高性能機器における違法性行為が絶えない最中

Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip

録音と録画に関する規定

以前のアナログでの録音や録画と違い、今のデジタルによる録音と録画は、より高性能になりました。
画質はもちろん音に関しても、ほとんど劣化することなく録音することができる時代なのです。
それによって、著作権に関しても問題が生じるようになり、私的使用による複製が大きな波紋を読んでいるのです。
また、企業の利益にも影響を与えるようになり、私的に録音や録画をする際の補償金制度が設けられるようになったのです。

インターネットでの著作権問題

今の時代は、多くの動画を容易にネット上にアップロードできるようになりました。
もちろん、独自で撮影した動画であれば問題ないのですが、メディア番組やDVD映像などを許可なくアップロードするユーザーが多く、それが深刻な著作権問題に繋がっているのです。
無断でのアップロードに関しては、罰則も設けられるようになりましたが、それでもまだまだ減少しないのが実情なのです。

ファイルソフトの違法性について

また、近年はファイルソフトの違法性も問題視されています。
ソフト自体が独立して交換することを可能としているため、違法性があるかどうかを断定することが困難になっているのです。
これに関しては、どうしてもユーザーのモラルに委ねられる面が強いのです。

Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip